ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

スケジュール管理で何を利用していますか。Googleカレンダーや会社のグループウェアを使っている人が多いでしょう。会社で便利だと個人のスケジュールも管理したくなるでしょう。

今回紹介するNettu schedulerは個人用のカレンダー、スケジュールサーバです。

Nettu schedulerの使い方

Nettu schedulerは管理画面はありません。すべてWeb APIで操作します。

curl -X POST -H "Content-Type: application/json" -d '{"code": "XXXXXXXXXX"}' -v http://localhost:5000/api/v1/account
curl -X POST -H "Content-Type: application/json" \
  -H "x-api-key: $SECRET_API_KEY" \
  -d '{"metadata": { "groupId": "123" }}' \
  http://localhost:5000/api/v1/user
curl -H "x-api-key: $SECRET_API_KEY" \
  "http://localhost:5000/api/v1/user/meta?key=groupId&value=123"

Nettu schedulerは予定の登録、カレンダー情報としての取得はもちろん、時間帯を指定してユーザが予定があるか否か取ることもできます。さらにWebhookもあります。iCalサーバという訳ではなく、Web APIで予定を管理できるのが特徴なようです。

Nettu schedulerはRust製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

fmeringdal/nettu-scheduler: A self-hosted calendar and scheduler server.

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2