ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

数独は日本はもちろん、世界中で楽しまれているパズルです。数字の数によって難易度が異なり、上級なものになると何日も悩み続けないと解けないかも知れません。しかし、コンピュータであれば瞬時に解けるでしょう。

今回紹介するAR Sudoku Solverはまさにそんな数独を解くためのソフトウェアです。面白いのはARを用いることで、紙の上に答えを表示する点です。

AR Sudoku Solverの使い方

認識中。二値化している状態ではちゃんと認識されています。

さらにグリッドでも。

しかし、ここから先にちゃんと答えが出ることはありませんでした(問題が難しかったのかも)。公式サイトの画像では答えが赤い文字で出ています。

AR Sudoku SolverはWebAssemblyを使ってOpenCVをWebブラウザ上で動かしています。そしてグリッドと数字を認識して、答えをARで表示する仕組みです。テキストなどで答えを出すのではなく、問題用紙上に投影するのが面白いです。

AR Sudoku SolverはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(ISC License)です。

AR Sudoku Solver

ColinEberhardt/wasm-sudoku-solver: a WebAssembly-powered AR sudoku solver

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2