ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

新型コロナウイルス(COVID−19)によってわたしたちの生活、仕事環境は一変しました。今なお、大人数で集まることは推奨されていません。ある程度の人数が集まり、会話をすることによって新型コロナウイルスに罹患する可能性が高まるからです。

そんな罹患する可能性を計算してくれるのがCovid Event Risk Calculatorです。地域毎によって、その数値も変わります。

Covid Event Risk Calculatorの使い方

人数と地域を選択します。

たとえば日本において40人集まるイベントでの罹患率は0.32%となっています。

同じ40人であってもカリフォルニアの場合、12.63%になります。約40倍のリスクがあります。

地域によって罹患率が異なるのは、そのコミュニケーション密度やマスクの定着率などによるところが大きいのでしょう。単純に人数で出すのではなく、地域毎に異なるリスクを計算してくれるのがCovid Event Risk Calculatorの便利なところです。

Covid Event Risk CalculatorはTypeScript製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

Covid Event Risk Calculator

mmahdigh/covid-risk: Assess the risk of indoor gatherings, events and parties using Covid Risk Calculator.

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2