ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

FaceMeshというのは顔の凹凸や境界、ランドマークを認識します。映像に映った顔を凹凸ある3Dオブジェクトとして認識できます。これを使えば、2Dの画像を貼り付けて、立体感ある映像に仕上げたりできます。

ということで実際にどんな感じになるのかはFaceMeshFaceGeometryを見てみましょう。

FaceMeshFaceGeometryの使い方

例えばこんな感じ。立体感があるのが分かるでしょう。

動かしたところ。マスクが張り付いています。

別な例です。

顔を動かすと、オブジェクトが浮いているのが分かります。

これは…きもい。

眼鏡を外すと、某YouTuberのようになります。

そして画像を当てはめられます。

FaceMeshFaceGeometryはWebカメラに写った顔の映像をFaceMeshによって解析し、そこに3Dオブジェクトや画像を適用します。画像と置き換えたりするのに比べて、臨場感が違うのが分かるでしょう。色々な使い方が考えられそうです。

FaceMeshFaceGeometryはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

spite/FaceMeshFaceGeometry: FaceMeshFaceGeometry for FaceMesh

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2