ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

macOSで便利な機能がQuickLookです。スペースキーを押すだけでファイルの内容が閲覧できます。しかしファイルの種類は多岐に渡るので、標準対応しているフォーマットはそれほど多くありません。

そのためにプラグインがあるのですが、一つ一つのフォーマット毎にプラグインを追加するのは面倒です。そこで使ってみたいのがGlanceです。

Glanceの使い方

Glanceは多数のファイルフォーマットに対応しています。例えばJSON。

Markdownファイル。

Jupyter Notebook。

Zipファイルは、その中にあるファイルが閲覧できます。

CSVファイル。

‎Glanceが対応しているのは次のファイルです。

  • ソースコード(.cpp / .js / .json / .py / .swift / .yml / その他)

  • Markdown

  • 圧縮ファイル(.tar / .tar.gz /.zip)

  • Jupyter Notebook

  • タブ区切りテキスト

これだけのフォーマットを一つのソフトウェアで対応してくれるのが便利です。開発用に便利なフォーマットも多いので、インストールしておくのをお勧めします。

‎GlanceはSwift製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

‎Glance – Quick Look Plugin on the Mac App Store

samuelmeuli/glance: ? All-in-one Quick Look plugin

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2