ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Google Chromeのシェアが伸び、企業内でもGoogle Chromeを使っているケースが増えています。Google Chromeといえば機能拡張が便利ですが、中にはセキュリティ上好ましくないものもあるでしょう。

そういった時に使いたいのがChromeGalvanizerです。Google Chromeを企業内で安全に利用するためのセキュリティポリシーを作成できるソフトウェアです。

ChromeGalvanizerの使い方

メイン画面です。まずはポリシーを追加します。

機能拡張のIDとURLを指定します。

ダウンロードしたポリシーをインストールします。

これで特定の機能拡張だけを許可したり、逆にインストールできなくなります。

chrome://policy でポリシーの設定を確認できます。

ChromeGalvanizerを使うことでポリシーの設定、編集が簡単にできるようになります。JSONなりで手作業で作成することもできますが、ChromeGalvanizerを使えば手軽でしょう。企業内でGoogle Chromeを安全に運用するために知っておきたいソフトウェアです。

ChromeGalvanizerはVue製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

mandatoryprogrammer/ChromeGalvanizer: Harden your Chrome browser via enterprise policy.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2