ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

グラフを描く際には専用のライブラリを使うことが多いですが、それに不慣れだとうまく表示できずにストレスが溜まります。ちょっとしたグラフであれば、もっとシンプルに描きたいと思うのではないでしょうか。

そこで使ってみたいのがChartS.cssです。Markdown形式からグラフに表示になる、シンプルなライブラリです。

ChartS.cssの使い方

例えばリストと数字を書くと棒グラフに。

リストと二つの数字で散布図に。

単なるリストも使えます。

数字を : でつなぐと折れ線グラフになります。

+をつけると積み上げグラフになります。

ウォータフォールグラフなるものも。

ChartS.cssはMarkdownで書いておいて、Luaのスクリプトを実行して変換するという方式をとっています。Markdownで書くくらいの、あまり装飾にこだわらない文書であれば、ChartS.cssのシンプルなグラフでも十分にインパクトがあるでしょう。メンテナンスも楽そうです。

ChartS.cssはLua/CSS製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

https://rbitr.github.io/ChartS.css/

rbitr/ChartS.css

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2