ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

SwiftはiOSやmacOSアプリを作るのに使われるプログラミング言語ですが、今はサーバサイドでも使えるようになっています。活用範囲が広がることで、ターミナルのスクリプトとして使いたいと思う人もいるでしょう。

もちろん使えるのですが、外部ライブラリを利用しようと思うとビルドする必要があり、非常に手間です。そこで使ってみたいのがswift shです。

swift shの使い方

例えば以下のようなコードがあります。

#!/usr/bin/swift sh

import Foundation
import PromiseKit  // @mxcl ~> 6.5

firstly {
    after(.seconds(2))
}.then {
    after(.milliseconds(500))
}.done {
    print("notice: two and a half seconds elapsed")
    exit(0)
}

RunLoop.main.run()

PromiseKitを使っているので外部ライブラリがなく、通常は実行できません。

$ swift foo.swift 
foo.swift:4:8: error: no such module 'PromiseKit'
import PromiseKit  // @mxcl ~> 6.5
       ^

そこでswift shを使います。

$ swift sh foo.swift 
notice: two and a half seconds elapsed

ちゃんと実行できました。

swift shを使うことでサードパーティーライブラリを使っているSwiftのスクリプトでもちゃんと実行できます。最初はダウンロードが行われるようですが、二回目以降の実行は速いです。Swiftが好きな方はぜひ使ってみましょう。

swift shはSwift製のオープンソース・ソフトウェア(Public Domain)です。

mxcl/swift-sh: Easily script with third-party Swift dependencies

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2