ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

プログラマーであれば誰もがDiff(差分)表示のお世話になっているはずです。しかし多くの場合、差分表示はバージョン管理と密接な関係にあります。差分表示を行うためにバージョン管理に登録するなんてこともあります。

もっと手軽に差分表示を使いたいと思うならばTextDiff classを使ってみましょう。PHP製、Webベースで使える差分表示ライブラリです。

TextDiff classの使い方

TextDiff classのデモです。

日本語で試したところです。日本語は分かち書きも行われているとのことです。

PHPでレスポンスを受け取れます。これらを解析することで差分表示機能を自分のシステムに組み込めます。

英語の場合。単語単位で表示されています。

TextDiff classはシンプルな差分表示スクリプトです。日本語も問題なく利用できます。単純にテキストを表示するだけでなく、差分の内容を受け取ることもできるので他のシステムに組み込むのも容易でしょう。

TextDiff classはPHP製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

TextDiff demo

kijtra/textdiff: Simple text diff script

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2