ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

昔のWYSIWYGエディタと言うとツールバーに多くの機能が並んでおり、生成されるHTMLは相当分かりづらいものでした。機能が豊富すぎたために表示速度が重たかったり、一般ユーザにとっても混乱しかねないものだったと思います。

現在ではずいぶん進化しており、すっきりとしたデザインで使いやすいものが増えています。今回はFroala WYSIWYG HTML Editorを紹介します。

Froala WYSIWYG HTML Editorの使い方

Froala WYSIWYG HTML Editorには幾つかのモードがありますが、ツールチップモードでは文字を選択すると装飾が出ます。

画像も選択できます。

大きさを変えることもできます。

YouTube動画を埋め込み。

絵文字も使えます。

ツールバーとして利用できます。

Bootstrapの中での利用。

ウィンドウ全体に広げて使えます。

カーソルのある場所のフォントやサイズに合わせて表示が変わる機能。

Froala WYSIWYG HTML Editorはすっきりとしたデザインではありますが機能は数多く用意されています。jQueryと組み合わせて使うので、カスタマイズやJavaScriptから利用するのも簡単でしょう。

Froala WYSIWYG HTML EditorはHTML5/JavaScript製のソフトウェア(ライセンスは独自)です。

froala/wysiwyg-editor: A beautifuly designed jQuery WYSIWYG Rich Text Editor based on HTML5.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2