ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GitHubではフォーク機能を使って人が作ったリポジトリを簡単に自分の管理下に置くことができます。ちょっとしたカスタマイズをしようと思ってフォークをして、そのまま何もせずに放置してしまっているリポジトリもあるのではないでしょうか。

そうしたリポジトリを放置しておくのはなんとなく気持ちが悪いですが、幾つもあると整理するのも一苦労です。そこで使いたいのがRemove GitHub Forksです。

Remove GitHub Forksの使い方

Remove GitHub Forksはnpmでインストールできます。使い方は簡単で、コマンドの後にOAuth2トークンを渡すだけです。

$ remove-github-forks 40...b8

そうするとフォークされつつ何も変更されていないムダなリポジトリがリストアップされます。

$ remove-github-forks 40...b8
? Delete these forks: 
    https://github.com/moongift/autodoc
    https://github.com/moongift/coffy-script
    https://github.com/moongift/fbgraph_example
    https://github.com/moongift/github-multiplay
    https://github.com/moongift/hubpress.io
    https://github.com/moongift/ignition
    https://github.com/moongift/osqa
    https://github.com/moongift/php
 <yes |no> : yes
Done!

問題なければyesと入力すればリストアップされたリポジトリが削除されます。これですっきりです。フォークしてる割に何もしていないリポジトリがありそうな方はお試しを。

Remove GitHub Forksはnode/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

denis-sokolov/remove-github-forks: Clean your useless GitHub forks

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2