ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

スタイルシートを長期間、整合性をとりつつメンテナンスし続けるというのは至難の業です。迷ったら新しく追加してしまえば良いのですが、設定を消すという選択はとても難しいでしょう。

そこで使ってみたいのがpurifycssです。Single Page Application(SPA)向けの使われていない要素を洗い出すスタイルシートチェッカーです。

purifycssの使い方

purifycssのインストールはnpmを使って行います。

$ npm install purify-css -g

実行はスタイルシートファイル、HTMLファイルを渡します。SPAなのでHTMLファイルが1枚ずつであると言う前提になるようです。

$ purify-css multiple_files2.css multiple_files.html 
.taylor-swift {
  color: black;
}

こんな感じで使われているスタイル要素だけが標準出力されます。SPAであれば他のページで使われているかも、ということを考えなくて良いのでpurifycssが便利に使えるでしょう。

purifycssはnode/JavaScript製、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

purifycss/purifycss

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2