ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

1つのパスワードを色々なところで使い回していたりしないでしょうか。そんなことをすれば一つのサービスが脆弱であるだけで様々なサービスに不正ログインされてしまいます。

基本的にパスワードの管理ツールに任せてしまって、常にそれを使うのがベストです。そうすればパスワードは一つだけ覚えれば良くなります。ということで今回はターミナルベースで使えるパスワード管理、Passpieを紹介します。

Passpieの使い方

Passpieのインストールは、pipまたはHomebrewでできます。

$ pip install passpie
または
$ brew install passpie

まず初期化をします。この時パスフレームを設定しますので十分に長いものを指定します。

$ passpie init
Passphrase: 
Repeat for confirmation: 
Initialized database in /Users/nakatsugawa/.passpie

addを使ってアカウントを追加します。そしてcopyでパスワードをコピーします。

$ passpie add bar@github.com --random
$ passpie copy bar@github.com
Passphrase: 
Password copied to clipboard

ヘルプは次のようになります。

$ passpie --help
Usage: passpie [OPTIONS] COMMAND [ARGS]...

Options:
  -D, --database PATH  Alternative database path
  -v, --verbose        Verbose output
  --version            Show the version and exit.
  --help               Show this message and exit.

Commands:
  add       Add new credential
  complete  Shows completion scripts
  copy      Copy credential password to clipboard/stdout
  export    Export credentials in plain text
  import    Import credentials from path
  init      Initialize new passpie database
  log       Shows passpie database changes history
  remove    Remove credential
  reset     Renew passpie database and re-encrypt...
  search    Search credentials by regular expressions
  status    Diagnose database for improvements
  update    Update credential

Passpieを使えばGUIがないサーバ管理者でもパスワード管理がとても楽になります。複雑な画面があったりすると面倒と思う方に良いのではないでしょうか。

PasspieはPython製、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

marcwebbie/passpie

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2