ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

プログラマーやデザイナーは仕事時間に関して裁量労働になっていることが多いです。夜集中したいという人もいれば、朝終わらせる人もいます。顧客ありきの仕事でないならば仕事を行う時間はもっとフレキシブルで良いはずです。

Timecardはそんなクリエイターの仕事を補助するためのソフトウェアです。好きな時間に働ける、そんな仕組みを提供します。

Timecardの使い方

通常のアカウント登録の他、GitHubでのログインもサポートされています。
通常のアカウント登録の他、GitHubでのログインもサポートされています。

まずはプロジェクトを作成します。
まずはプロジェクトを作成します。

タスクを作成します。
タスクを作成します。

タスクにはコメントをつけることもできます。
タスクにはコメントをつけることもできます。

こんな感じです。
こんな感じです。

作業を開始する際にはタイマーをスタートします。
作業を開始する際にはタイマーをスタートします。

その結果、タスクに対してどれくらい時間がかかったかが分かるようになっています。
その結果、タスクに対してどれくらい時間がかかったかが分かるようになっています。

TimecardはGitHubのIssueと同期する機能があります。さらにそのIssue単位での作業時間を記録することもできます。Herokuボタンにも対応していますので、自分たちのプロジェクトに使うのも容易でしょう。

TimecardはRuby/Ruby on Rails製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

timecard/timecard-rails

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2