ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GitHubの登場によってカジュアルにソースコードを公開する文化が生まれました。とても喜ばしいことなのですが、一点残念な点もあります。それがライセンスのないソフトウェアの氾濫です。

理由としてはわざわざファイルを配置するのが面倒というのがあるのでしょう。GitHubでプロジェクトをゼロから作るなら初期設定が可能なのですが、ソフトウェアを作る前からプロジェクトを作るのは面倒です。そこで使ってみたいのがliceです。

liceの使い方

liceはnpmでインストールできます。

npm install -g lice

後はコマンドを実行するだけで対話型でライセンスの作成が可能です。

$ lice
? What do you want to do? Generate a license
? Which license? The MIT License (MIT)
? Replace the `year` placeholder with: 2015
? Replace the `user` placeholder with: Atsushi Nakatsugawa
! MIT license generated in /Users/nakatsugawa

例えばこれはMIT Licenseのファイルを生成するところです。

$ cat LICENSE 
The MIT License (MIT)

Copyright (c) 2015 Atsushi Nakatsugawa
  :

このようにライセンスファイルが作成されます。さらに面倒なら対話型でなく一気に生成も可能です。

lice -g -l mit -u 'John Doe'

個人的には http://moongift.mit-license.org/license.txt をダウンロードして使うのが常だったのですが、こちらはコマンド一つなのでネットワーク環境も不要です。ライセンスも様々に選べるのが利点と言えるでしょう。ソフトウェアを公開することが多い方は必携ですね。ライセンスは今のところMIT LicenseまたはISC Licenseに対応しています。

liceはnode/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

superkhau/lice

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2