ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GitHubの便利な機能の一つにイシュー(課題)管理があります。プロジェクト内のTodo、バグ、質問、機能追加など様々な情報を一元的に管理できます。色々な使い方は考えられますが、あのUIが何となく使いづらいと感じる人もいることでしょう。

そんな方に使ってみて欲しいのがGithub issues viewerです。GitHubのAPIを使ってIssueを見やすくしてくれる、そんなソフトウェアです。

Github issues viewerの使い方

メイン画面。URLからも分かる通り、サーバサイドの仕組みはありません。
メイン画面。URLからも分かる通り、サーバサイドの仕組みはありません。

クリックでイシューの詳細に。
クリックでイシューの詳細に。

コードも使えます。
コードも使えます。

Github issues viewerはサーバサイドの仕組みを使っていないところが利点です。投稿はGitHubを使いつつ、見栄えだけ変更ができます。同じ仕組みを使えば複数リポジトリの内容をまとめて一覧することもできそうです。

技術的にはBackbone.jsとReactを組み合わせている点も注目です。

Github issues viewerはHTML5/JavaScript製、Apache License 2.0のオープンソース・ソフトウェアです。

Github Issues

jaredly/github-issues-viewer

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2