ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

アプリケーションやWebサイトを構築する際にはまずモックを使ってイメージを共有すると便利です。そんな時にはとにかく手早くイメージを具体化し、フィードバックしながら進めると良いでしょう。

プロトタイプ作成に便利なのはやはりWebです。HTML/JavaScript/スタイルシートを使ってさくさくとプロトタイプ開発が進められる仕組みがslfsrvです。

slfsrvの使い方

slfsrvではWindows/Mac OSX/Linux用にバイナリが用意されています。そしてこんな感じで起動します。

$ slfsrv -verbose EXAMPLES.html

そうするとブラウザが立ち上がって、HTMLが表示されます。
そうするとブラウザが立ち上がって、HTMLが表示されます。

Webサーバになっていますので、HTTP経由でJavaScriptやスタイルシートを取得することも可能です。slfsrvの基本はこれで、さらにローカルのファイル操作を行うためのAPIを用意しています。

  • exec() : ローカルコンピュータ上のコマンド実行

  • tempdir() : テンポラリディレクトリの作成

  • store : ローカルコンピュータ上にデータを保存

  • file : ローカルファイルの操作

  • dir : ローカルディレクトリの操作

  • alert : ノンブロッキングなアラート

  • env : 環境変数

といったJavaScript APIが提供されています。これらを使うことでPhotoshopなど他のソフトウェアと連携したモックアップ作成もスムーズに進むでしょう。

slfsrvはバイナリを作成することもでき、実行ファイルをWindows/Mac OSX/Linux向けそれぞれに作成して配布できます。Webブラウザ上で動くシンプルなアプリケーションを作成するのにも良さそうですね。

slfsrvはGo製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

BrentNoorda/slfsrv

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2