ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Webブラウザ向けに提供されるプログラミング言語はJavaScriptのみです(プラグインを使えばActionScript、.NETもありますが)。それが嫌で多数の代替言語が生み出されています。CoffeeScript/TypeScript/JSXなどが代表です。

さらに別な切り口として、すでにあるプログラミング言語で実装するというものもあります。今回はその一つ、Go言語をWebブラウザ上で動作させるGopherJSを紹介します。

GopherJSの使い方

デモです。見た感じは普通にGoですね。
デモです。見た感じは普通にGoですね。

実行するとアラートが出ます。
実行するとアラートが出ます。

コンソールメッセージも出せます。
コンソールメッセージも出せます。

生成されるJavaScriptコードの確認もできます。
生成されるJavaScriptコードの確認もできます。

GopherJSではGo言語で書いたコードをJavaScriptに変換します。様々なライブラリを読み込むので効率的かは分かりませんが、大型なWebアプリケーションになるほど、開発効率における優位点は出そうです。

変換効率が気になる場合はnodeを使ってサーバサイドで変換するのも良さそうです(GopherJSはWebブラウザ向けに提供になりますが)。

GopherJSはJavaScript製、New BSD Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

GopherJS Playground

gopherjs/gopherjs · GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2