ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

開発環境すらもローカルからWebブラウザへ移り変わろうとしているようです。とは言え、Webアプリケーションの場合ネット環境がなければほぼ使えないでしょう。そこで注目したいのがGoogle Chromeアプリです。

Chromeアプリならオフラインでも使えますし、Google Chromeさえあれば利用できます。という訳で今回はTeditという開発用エディタを紹介します。

Teditの使い方

こちらがエディタです。左側がファイルツリー、右側が編集エリアです。
こちらがエディタです。左側がファイルツリー、右側が編集エリアです。

メニュー。Gitリポジトリをクローンしたり、ファイルを作成することもできます。
メニュー。Gitリポジトリをクローンしたり、ファイルを作成することもできます。

日本語も使えます。
日本語も使えます。

ローカルにHTTPサーバを立てる機能もあります。
ローカルにHTTPサーバを立てる機能もあります。

こんな感じでHTTPでアクセス可能です。
こんな感じでHTTPでアクセス可能です。

さらにGitのコミットも。
さらにGitのコミットも。

TeditはGitを使ったWebフロントエンドの開発であれば十分こなせるように思います。HTTPサーバも立つので、JavaScriptの実行結果を確認することもできるでしょう。Google Chromeさえあれば開発環境が整ってしまうのも遠い未来の話ではないようです。

TeditはGoogle Chrome用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Chrome ウェブストア - Tedit Development Environment

creationix/tedit

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2