ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Image Uploaderを使うと各種ファイルアップロードサービスに画像を素早くアップロードできます。

Image Uploaderは20以上の画像アップロードサービスに対応しています。ウィザードに沿っていくだけで簡単に完了します。


起動時に言語を選択します。日本語には対応していません。


メイン画面です。アップロードするファイルやフォルダを選択します。


選んだファイルやフォルダの中から実際にアップロードしたいファイルを選択します。


キャプチャ機能を使ってスクリーンショットを撮ることもできます。


次にアップロードする画像の種類やサイズを設定します。


多数の画像アップロードサービスに対応しています。FTPサーバを設定することもできます。


twitpic.comの場合などは認証情報を入力します。


アップロード処理中です。


リンクをリストで確認できます。クリップボードにそのままコピーできます。


設定画面です。全般の内容です。


画像フォーマットに関する設定です。


サムネイルの設定です。


スクリーンキャプチャの設定です。


動画の設定です。動画のフレームを切り抜いてアップロードできます。


アップロード関係の設定です。


トレイアイコンの設定です。


ホットキーの設定です。

ウィザード形式で進んでいくのでアップロード完了まではスムーズです。同時にスクリーンキャプチャを撮ることもできるので、チャットや掲示板に画面を貼付けてそのURLを送りたいといったことも簡単に実現できます。

Image UploaderはWindows用、GPL v3のオープンソース・ソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

画像アップロードサービスは世の中に多くありすぎて、どれを使ったら良いか分からないくらいです。そんな時に登場するのはImage Uploaderのようなメタ化してしまう類のソフトウェアです。各サービスの特徴は消えてしまいますが、気にしない人は多いでしょう。

Webサービスは一つが人気を出すと、それを模倣する動きがとても早いです。そのためクローン的なサービスが続々登場し、次にそれらをまとめあげるようなサービスが登場します。同系サービスが乱立しているところにはメタ化するサービスやソフトウェアのニーズが確実に存在します。

image-uploader - Image Uploader - image/file upload utility with capability of screen capturing and video grabbing - Google Project Hosting

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2