ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

cdnjs-commandはcdnjs.comが配信しているJavaScriptライブラリを調べたり、そのURLを出力するソフトウェアです。

jQueryをGoogleやMicrosoftがCDNを通じて配信しています。同様にcdnjs.comも配信しています。そんなcdnjs.comで配信しているJavaScriptファイルを調べて自分のプロジェクトに取り込めるのがcdnjs-commandです。


インストールはRubygemsで行います。


まずlistを実行します。使えるJavaScriptライブラリが一覧表示されます。


url (ライブラリ名)を実行すると利用する際のURLが出力されます。


html (ライブラリ名)を実行すると埋め込むべきHTMLタグが出力されます。


info (ライブラリ名)を実行すると詳細な情報が出力されます。

JavaScriptファイルをローカルに置かず、CDN上のものを読み込むようにすれば負荷分散はもちろんネットワーク帯域の節約やユーザにとっても表示速度が高速化するといったメリットがあります。予め入れておくと調べる際にわざわざWebサイトに行かないので便利そうです。

cdnjs-commandはRuby製のソフトウェア(ライセンスは明記されていません)になります。


MOONGIFTはこう見る

cdnjs-commandはcdnjs.com上にあるスクリプトにのみ対応しています。これは非常に勿体ない気がします。できればGoogleやMS、jQuery本体のCDNも利用できればよりCDNでのJavaScriptライブラリ利用が促進されるでしょう(ネーミング的に無理があるかも知れませんが)。

CDNで配信していることは知っていても、URLを探すのが面倒でローカルに設置してしまうというのはよくあるケースです。CDNの活用については「CDNを使ってWebサービスを高速化する。関連ソフトウェア×3」にてプレミアム向け記事があります。ぜひご活用ください。

rstacruz/cdnjs-command - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2