ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

FourInARowは縦横斜めのいずれかにメダルを並べるConnect 4をiOSに移植したゲーム。

FourInARowはiOS用のフリーウェア(ソースコードは公開されている)。Connect4、このゲームは意外と有名じゃないかと思う。個人的には小学生くらいの時に黒板でやっていた覚えがあるが、本当は長方形に穴が整然と並んでいて、そこにメダルを落としていって遊ぶものらしい。


ゲーム中

単純に言えばUS版の五目並べみたいなものだが、重力の影響を受ける所がゲームの違いになっている。そんなConnect 4をiOSで楽しめるのがFourInARowだ。

FourInARowはiOS向けの物理エンジンであるCocos2dを使ったソフトウェアで、6×7の穴が並んでいる。そこに赤と黄色のメダルを落としていって縦横斜めを問わず4つ並べた方の勝ちとなる。赤と黄色が交互に入れていく形なので、相手の番の時には画面に触らないよう注意しよう。


勝つとアラート

勝利するとアラートが表示される。とてもシンプルな作りだが、Connect 4を遊ぶのには十分な機能が用意されている。メダルを上手に運ばないと、途中で落下する可能性もある(戻すことはできない)。子供も大人もすぐにルールが理解できる、面白いゲームだ。


MOONGIFTはこう見る

Connect 4は昔ながらのゲームだが、そうしたボードゲームをiOS化すると本体を持ち歩かなくともどこでも遊べるというのがメリットになる。将棋、オセロなどがiOS化するのはその携帯性を考えてのことだろう。そう考えると、昔遊んだ懐かしいゲームをiOS向けにリメイクしてみるのは良いアイディアだ。

何も今風に複雑なゲームである必要はない。昔自分が遊んで楽しかったゲームをそのままiOSに移植すれば、きっとみんなが楽しめるはずだ。最新のデバイスでノスタルジックなゲームを興じるのもまた面白いのではないだろうか。

https://github.com/kungpoo/FourInARow.git

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2