ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

FileClipperはMac OSX向けのオープンソース・ソフトウェア。Mac OSXで不便に感じる点として、ファイルの移動がないということがある。なぜかコピーはできるのだが移動はできない。コピーした後、消すというのは手間で、ターミナルからmvを打ち込む羽目になる。これはとても面倒だ。


090917-0001.png

AppleScriptとして登録した場合

 

Windowsのようにカットという操作を使う訳ではないが、ファイルの移動を可能にするユーティリティがFileClipperだ。実行ファイル形式なので、コンテクストメニュー以外からも操作できるので意外と便利に使えるかも知れない。


FileClipperが提供するのはファイルの移動の他、エイリアスの作成やハードリンクの作成だ。操作としてはこれまで通りファイルをクリップボードにコピーし、移動先でFileClipperの移動アプリケーションを実行する。これで移動が行われるようになる。

使い方は色々あり、Appleスクリプトとして実行したり、コンテクストメニューに登録して実行、Finderに登録、QuickSilverから実行などとなっている。選択肢が多いので、各自自分の環境に合わせて使いやすい方法が選択できる。個人的にはQuickSilverを使うのが便利だ。

コピー操作はこれまで通りなので、不便さはなさそうだ。FileClipperはコピーコマンドも用意されているので、ファイルをコピーした後は全てFileClipperを介して行うようにすれば混乱も少ない。移動の他、ハードリンクやエイリアスの作成もできるので、必要に応じて使い分けよう。

 

FileClipper

 http://homepage.mac.com/tkurita/scriptfactory/Softwares/FinderHelpers/FileClipper/index.html

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2