ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Windowsを使っていてイライラするのは希望した入力に対して反応が鈍かった場合や、深い階層をたどって操作する必要がある場合等だ。もちろん慣れればキーボードから呼び出せるかも知れないが、一般ユーザではそのような操作は難しいし、Microsoft自身それをユーザに覚えて欲しいとは思っていないはずだ。


3dsearch6.png

Windows標準のサービス管理の代わり

 

そうしたイライラを解決する手段として、別なソフトウェアを使ってみるのも良いだろう。サービスの管理インタフェースが使い勝手悪いと感じたらWindows Services Managerを試そう。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはWindows Services Manager、Windowsのサービスを管理するためのインタフェースだ。

ここで言うサービスとはコントロールパネルの管理の中にあるサービスだ。WebサーバやFTPサーバを起動したり、停止したりすることができる。パフォーマンスを向上する上でサービスの停止は欠かせないので、使ったことがある人も多いはずだ。


ピクチャ 16.png

タスクトレイでステータスの変化を通知

 

あの標準の管理インタフェースはどうも動作が鈍い。待たされた挙げ句に失敗したりすることも多い。また、一覧で見られるのだが、説明文がリストの中にあって長文だと読みづらい…などなど色々な不満がある。

そうした問題を解決できるかも知れないのがWindows Services Managerだ。軽量なインタフェースでサービスを一覧表示し、チェックボタンを外すだけで停止させられる。その逆ももちろん簡単だ。

また、お気に入りに登録しておくとその起動状態がタスクトレイで見られるようになる。システム上必須なものはさておき、ApacheやIIS、SQL Serverといったアプリケーションの運用上必要なものを登録しておくと便利そうだ。

現状ではソートやフィルタリングができないので、標準のものに比べると機能差が感じられてしまう。だが今後開発が進んでいけば標準並み、標準以上に使えるようになることだろう。

 

via Windows Services Manager [ gHacks ]

Windows Service Manager Tray

 http://winservicemanager.codeplex.com/

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2