ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

去年の暮れぐらいからPythonが好きになってきている。Google App EngineやDjangoによるところが大きいが、Pythonを知っておけば色々な場面で役に立つ。とは言え実開発においてPythonを用いよう、という場面はまだまだ数少ないようだ。


ピクチャ 52.png

Pythonを使ってアートを描く

 

そのため、勉強できる機会が少なくなってしまう。そこで使ってみたいのがDrawBotだ。

今回紹介するフリーウェアはDrawBot、Pythonを使ってアートを作るソフトウェアだ。

DrawBotは3ペインの構成になっているソフトウェアだ。右上にコードを書き、右下に標準出力がされ、そして左側にレンダリング結果が表示される。線や円、四角などのオブジェクトを描くための関数が用意されている。


ピクチャ 50.png

文字の出力も可能

 

文字や色を使ってグラフィカルな作品を描くことができる。透明度を設定すれば、オブジェクトを重ね合わせた効果を楽しむこともできる。何よりPythonの勉強がてらに楽しんでできるのが魅力だ。

使いこなせば外部のデータを取り込んで表示したり、ランダムな要素を加えたりと楽しむことができそうだ。できあがった作品は画像として出力することができる。これからPythonを習得しようと思われる方は、ぜひ一度お試しいただきたい。

 

DrawBot Home

 http://drawbot.com/

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2