ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

※ 一部の画面は公式サイトのもの

分散型リポジトリは複数人での開発はもちろん、少人数(個人も含む)での利用にも便利なバージョン管理システムだ。すぐにはじめられるし、バックアップも簡単、ファイルサーバを使って管理するといったこともできる。


ピクチャ 38.png

そんな分散型リポジトリサービスとしてはGitHubが有名だが、Pythonで作られているMercurial向けにもFreeHgが存在する。それもシステム自体がオープンソースだ。

今回紹介するフリーウェアはFreeHg、フリーで使えるMercurialサービスだ。ソースコードは開示されているがライセンスは明記されていなかったのでご注意いただきたい。なお、FreeHgはFreeHg上でホスティングされており、FreeHgにはオープンソースライセンスのもののみ登録できるとあるので何らかのオープンソース・ソフトウェアとは思われる。

FreeHgはDjangoを使って構築されている。MercurialのリポジトリをWebサービス上から作成したり、管理できるようになる。実際のバージョン管理の利用はhgコマンドを介して行うが、最初の手順がWebブラウザ上から行うだけでずいぶん手軽に感じられるはずだ。


ピクチャ 24.png

ユーザ作成と同時にリポジトリも作成できるシンプルな使い勝手

 

Webブラウザ上からはコミットログを見たり、Changelogを確認したりすることができる。コミッタを増やして皆で開発を行ったり、タグを使って管理することが可能だ。チェンジセットの中からファイルを見て、差分を確認したりすることもできるので、実際の運用で便利に使えるはずだ。

FreeHgそのままでは会社内のプロジェクトでは利用が難しいだろう。だが自分たちでサーバを立てれば社内でも利用できる。Mercurialを使ってバージョン管理をするならFreeHgを自分たちで立ててみるというのはいかがだろう。

 

Mercurial Hosting - freeHg.org

 http://freehg.org/

freehg summary - freeHg.org

 http://freehg.org/u/rthurner/freehg/

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2