ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Google Chromeをお使いの方はいらっしゃるだろうか。まだβ版であって、色々荒削りな部分も散見されるが、JavaScriptの高速性はぴか一で、Webアプリケーションの拡大に一役買ってくれることだろう。


3dsearch48.png

Google Chromeに登録されているパスワードが一覧される

 

そんなGoogle Chromeを使う上で怖いのがこのソフトウェアの存在かも知れない。

今回紹介するフリーウェアはChromePass、Google Chromeに登録されているパスワードのビューワーだ。

ChromePassは特にマスターパスワードも必要なく、Google Chromeに登録されているパスワードを一覧できる。サイト、ユーザID、パスワードが全て平文で見られるようになっている。これを全く無関係なコンピュータで実行すると…なんて考えると怖いものがある。ちなみにGUIモードの他にコマンドラインから動作させることもできる。


3dsearch49.png

HTML保存した例

 

個人的にはブラウザにパスワードを記録させている覚えはなかったのだが、一覧で見ると幾つか登録されていた。恐らくバージョンアップを重ねる中で、パスワードを見られてしまうことに対する対策はとられると思われるが、現時点ではなかなか怖い事実だ。一覧のデータはHTMLやテキストファイルで出力できる。

だが逆に考えれば、パスワードの登録をしないで使うのが良いということだろう。Google Chromeはまだメインを張るブラウザにはなっていないので許されるのだろうが、今後シェアを伸ばしていく上では見られる便利さと見られないようにするセキュリティとの相反するニーズが叶えられるようになるだろう。

 

ChromePass - Chrome Browser Password Recovery

 http://www.nirsoft.net/utils/chromepass.html

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2