ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

無線LANはそれまでの有線とは異なり、目に見えないために正しく設定されているかどうかが分かりづらい。接続できない原因が、そもそもアクセスポイントがないのか(信号がキャッチできてない)、設定が悪いのか、はたまた他のアクセスポイントと競合しているのか、などだ。


Image2.png

無線LANの状態を可視化

 

そこで見えない無線LANの状態を可視化してみよう。そうすれば原因も分かってくるのではないだろうか。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはInSSIDer、Windows向けの無線LANスキャナだ。

InSSIDerを起動し、無線LANのスキャン開始ボタンをクリックすると、下にグラフが描かれはじめる。MACアドレス、SSID、チャンネル、強度、セキュリティ、種類といったデータが取得され、一覧表示される。


Image3.png

特定のアクセスポイントを強調

 

特定のアクセスポイントの情報は表示しないようにしたり、選択すると太いラインで表示するといった機能もある。特定の場所における強度の変化をグラフ化したり、周囲にあるアクセスポイントの調査にも利用できるだろう。

もちろん悪用は厳禁だ。見えないものを可視化、グラフ化することで手早い設定や調査を可能にしよう。

 

inSSIDer | MetaGeek

 http://www.metageek.net/products/inssider

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2