ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Gmailを利用している人は多い。メールが数多く送受信される中で、ローカルPCのメールが占める割合が大きくなっている。そのため、メールを外部保存できるだけでも利便性が向上し、安全性もローカルに比べると格段に高くなる。


ピクチャ 2.png

とは言え、全てがネット上にあるのも問題な人がいるだろう。そこでネット上のデータとローカルとを同期するツールが必要だ。

今回紹介するフリーウェアはGoogle Contact Sink、GmailとMac OSXのアドレスブックを同期するソフトウェアだ。

Google Contact Sinkはメニューバーに常駐するタイプのソフトウェアで、GmailのユーザIDとパスワードを使ってコンタクトをダウンロードし、Mac OSX標準のアドレスブックに登録してくれるソフトウェアだ。なお、同期はGmailからアドレスブックへの一方通行になっている。


ピクチャ 5.png

筆者環境では「unknown stream error code in HTTP domain - -2096」というエラーが発生してしまい、Leopard/Tigerともに実行エラーが発生してしまった。皆さんの環境下ではどうか分からないが、うまくいけばアドレスブックにデータが入り、利用できるようになる。

同期は手動処理または定期的な処理のどちらかが選択できる。Gmailでは返信などを行うと自動でコンタクトに入るので、管理が雑多になりやすい。バックアップの意味もこめて、アドレスブックに入れておくとIMAPからでもメールアドレスが使えて便利そうだ。

 

Google Contact Sink » What is it?

 http://www.contactsink.com/

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2