ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

MacBook AIRはバッテリー交換ができない。常にバッテリーを使っていると徐々に消耗してきて、いくら充電しても、すぐになくなってしまうようになる。そうなったら、Apple Storeで交換を依頼するしかない。


ピクチャ 12.png

メイン画面

 

バッテリーの健康管理は大事だ。徐々にへたっていくバッテリー、いつ頃が交換目安かチェックしておこう。

今回紹介するフリーウェアはcoconutBattery、バッテリーの健康管理ソフトウェアだ。

coconutBatteryはシンプルなソフトウェアで、現在のバッテリーの充電具合と、どれくらいへたっているかを測定してくれる。試してみたところ、持ち歩いた後で多少バッテリーが減っているが、キャパシティーは99%とそれほど消耗していないようだった。これならまだ十分持ってくれるはずだ。


ピクチャ 13.png

設定画面

 

キャパシティーが減れば、フル充電しても大して持たなくなってくる。そうなればバッテリーの交換時期ということだろう。なお、測定したデータは記録しておくことができる。定期的にチェックすれば、徐々にキャパシティーが減っていることが分かるだろう。

MacBook (Pro|AIR)を持ち歩く方は必須のソフトウェアと言えそうだ。

 

coconut-flavour.com - [coconutBattery 2.6.1]

 http://www.coconut-flavour.com/coconutbattery/index.html

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2