ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

意外と知られていないのだが、MS Officeのドキュメントにはメタデータが埋め込まれる。MS Officeをインストールする際に利用した社名や登録者名がそのまま埋め込まれる。これらの情報は場合によっては非常に危険なことがある。


entrance62.png

他にもオフィスファイルをそのままやり取りするのは危険がたくさん潜んでいる。そうした問題を回避してくれるのがこのソフトウェアだ。

今回紹介するフリーウェアはSendShield、オフィスドキュメント添付チェッカーだ。

SendShieldはMS Outlookにプラグインとしてインストールされるソフトウェアで、メールで送信されようとしているドキュメントに問題がないかチェックしてくれる。例えば先ほど挙げたメタデータがあれば、SendShieldを使ってその場で除去できる。


entrance65.png

他にも、Excelであれば表示しない設定にした列があれば、それを消すことができたり(そういった設定をした列に危険がはらんでいる場合が多い)、Power Pointファイルであればグラフを表示する際に使った表計算データを除去することができる。


entrance64.png

他にも見られるとまずいデータを除去したり、そもそもドキュメントをPDFに変換することができる。例えばプレゼン資料を使い回していたり、計算した内容をそのまま貼付けて使っていたりすると、裏データが見られて非常にまずいことになる。Outlookだけで動作するというのがもったいなく感じてしまうソフトウェアだ。

SendShield - Beta

 http://www.sendshield.com/home/index.php

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2