ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

写真にGPSデータが埋め込まれていると、地図上にマッピングでき、また新しい楽しみ方ができる。とは言え、そうした機能を持っているデジカメは限られるし、携帯電話で提供されているものが幾つかある程度だ。これでは普及にはほど遠い。


entrance13.png

そこで、写真に位置情報を後付けで埋め込んでしまうのはどうだろう。そうすればもっと写真を楽しめるようになる。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはGeotag、JavaベースのGPS編集ソフトウェアだ。

Geotagは写真に位置情報やその位置情報を基にした住所情報を埋め込むことができるソフトウェアだ。地図を見ながらの埋め込みなどはできないので、Googleマップなりから経度緯度をコピーして貼付ける必要がある。


entrance12.png

終わったら後はロケーション情報を保存するだけだ。なお、位置情報の埋め込みにはexiftoolを利用しているので、別途用意(Windows向けには実行ファイルがある)する必要がある。

Javaベースなので若干動作が重たい感があるが、操作は簡単で画像編集というほどではないので特に問題はないと思う。ちなみに手元のデジカメで撮影した写真では埋め込みがうまくいかず(元々別なメタデータが入っているせいだろうか)、PCで作成したJPEGファイルなどではうまくいった。


ピクチャ 3.png

位置情報は地図と組み合わせて使うと面白い。他の情報と組み合わせてさらに思い出を楽しめるのは、デジタルならではだ。ただの写真も地図と重ね合わせると新しい楽しみ方が生まれるはずだ。

 

via ハウツー:写真にジオタグを追加する [ Open Tech Press ]

Geotag

 http://geotag.sourceforge.net/

SourceForge.net: Geotag

 http://sourceforge.net/projects/geotag/

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2