ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Mac OSXを購入して、それまでのコンピュータにはない機能を色々試すと思う。その中の一つがFrontRowだろう。そして、はじめは写真も動画もないので、試すのが映画の予告編だ。何も用意せずに映画の予告編が高画質で見られることに驚きを感じる人もいるはずだ。

screen.png

とは言え、大抵試すのは最初だけ、すぐに忘れてしまう。それは最初に用意されているのがUSの予告編ばかりなのが原因かも知れない。もし日本の予告編があれば定期的に見てみたいと思えそうだ。

今回紹介するフリーウェアはFront Row Trailers、映画予告編を各国対応にする初期設定パネルだ。

Front Row Trailersをインストールすると、映画予告編のサーバをUS以外の各国版に変更することができる。もちろん日本のものも選択でき(それともこれはデフォルトだったのだろうか?)、その設定でFrontRowを立ち上げると日本の映画予告編が表示されるようになる。

ピクチャ 7.png

が、日本のものは既にDVDが販売されているものが多いようで、逆順に並べた方が良いかも知れない。また、時期が一年ずれているようで、シュレック3が2008年06月30日公開になっていた(実際は2007年06月30日公開)。

その他日付順が異なっている場合など、多少の不具合はあるようだ。だが、映画が好きな方であればきっと楽しめるはずだ。日本、USの他にも各国への設定が可能だ。ぜひ色々試してみてほしい。

via Front Row Trailers [ Macの手書き説明書 ]

0xced: Front Row Trailers

http://0xced.blogspot.com/2007/02/bandes-annonces-front-row.html

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2