ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

あまりゲームに詳しくないために全く知らなかったのだが、MUDと呼ばれるゲームの分野がある。これは、サーバを立てるタイプのオンラインゲームで、全てテキストベースで行われる。グラフィカルベースの場合、MMORPGになる(Wikipediaより)。

そして、このMUDのクライアントソフトウェアとして使えるのがこのソフトウェアだ。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはTinTin++、オープンソースのMUDクライアントソフトウェアだ。

あえて発音は控えさせてもらう。The kIckiN Tichin dIckmud clieNtの略との事。だがどうみてもこじつけで、TinTinにするためにアルファベットをピックアップしたようにしか見えない。

TinTin++はクライアントソフトウェアなので、もちろんサーバ側も必要になる。幾つかあるが、Mac OSXであればSlashMUDというソフトウェアがある。これを使えば簡単にサーバが立てられ、クライアントからも6100ポートでアクセスできるようになる。

はじめて接続するとユーザ名やパスワード、性別(もちろん男性だろう)、種族などを決定する。

ゲームがはじまるとどんどんと状態が変化していく。その中でSleepと打つと眠ったり、kill ○○と打つと、殺してしまったりする。その辺りの自由度を組み合わせつつ、皆で楽しむゲームなのだろう。

正直に言えば、名前につられて紹介してしまった面はある(後悔はしていない)。MUDを知っている人も知らなかった人も、一度試してみてはいかがだろうか。

 

TinTin++ Mud Client
 http://tintin.sourceforge.net/

SourceForge.net: TinTin++ Mud Client(プロジェクトサイト)
 http://sourceforge.net/projects/tintin/

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2