ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

HELIOWorld

  • 2006/09/04

HELIOWorld サムネイル

地図を生成

意外と良く使う地図画像。毎度探すのも良いけれど、生成エンジンを使うのも手だ。

地図を生成

HELIOWorld スクリーンショット

ブログやシステムの中で、地図を必要とする事は良くある。それは日本地図に限らず、世界地図もだ。各国によって色を変えたり、とある地域だけ取り出して説明すると言う場合だ。

それらを画像から探してきて使うのも良いが、全自動化してしまえば楽チンだ。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはHELIOWorld、世界地図ジェネレータだ。

HELIOWorldはライブラリとして提供されている。オブジェクトを生成し、中心位置や、画像サイズを指定するだけで簡単に世界地図(またはその一部地域)を取り出す事ができる。

更に秀逸なのが、各国に対して数値を指定するだけで各国が色分けされた地図を生成してくれる機能だ。背景色やテキストの色なども細かく指定できるので自分好みの画像を簡単に作ることができる。

ソースを見ると分かるが、各国の図形は数値の座標で出来上がっている。これらを更に緻密に計算すれば、詳細な地図が出来上がる。

HELIOWorld レビューはこちら

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2