ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

CrossVC XXL サムネイル

CrossVC上級版

バージョン管理をはじめよう。まず使い始めて、後は日々コミットしていこう。いざと言う時にきっと役立つはずだ。

CrossVC上級版

CrossVC XXL スクリーンショット

バージョン管理は何もチームでの開発に限ったものではない。間違った修正の際に即座に元に戻せる、最新の状態との比較をする等、個人でも十分便利に扱える。

そんな訳でバージョン管理をはじめよう。まずはファイルを登録し、後は日々コミットを積み重ねていけば良い。いつか必要になる時が来るはずだ。そして、クライアントソフトウェアに迷ったらこちらを使ってみてはどうだろう。

今回紹介するフリーウェアはCrossVC XXL、各種プラットフォームに対応したCVSクライアントソフトウェアだ。個人での非商用利用に限りフリーとなっている。

CrossVC XXLはオープンソースのCVSクライアントCrossVCに幾つかの機能を足されている(詳細はComparison Chartを参照のこと)。また、CrossVCのWindows版は提供されていないので、利用する場合はCrossVC XXLになる。

日本語メニューはないが、日本語には対応している。Diffツールも最初から入っているので、すぐに使うには良い。また、複数のプロジェクトに対応(CrossVCは3つまで)しているので、プロジェクトを分けて管理している場合には丁度良い。

バージョン管理は重要だが、クライアントソフトウェアの使い勝手によって、手軽さが変わってくる。色々試し手に馴染んだものを使おう。

CrossVC XXL レビューはこちら

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2