ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Screenshot Plus サムネイル

OSXらしいキャプチャ

ソフトウェア紹介では欠かせないスクリーンキャプチャソフト。Mac OSXでは何が良いだろう。まずはOSXらしいこちらを紹介。

OSXらしいキャプチャ

Screenshot Plus スクリーンショット

ソフトウェアの紹介をする上で最も大事なソフトウェアは何か。それは何といってもキャプチャーソフトウェアだ。解凍から始まってインストール、更に各種画面を見てもらうためにも欠かす事はできない。

Windowsの紹介をする際に使っているのはCapture STAFF - Light -だ。各種形式で保存、キーボードショートカットによる様々なキャプチャと多機能だ。さて、Mac OSXでは何を使おう。

今回紹介するフリーウェアはScreenshot Plus、Mac OSXの雰囲気を良く出したキャプチャーソフトウェアだ。

Screenshot PlusはWidgetとして動作する。F12キーで呼び出せるのが楽だ。そこでキャプチャー方法を指定する。フルスクリーン(時間指定可能)、ウィンドウ、Widget、そして画面範囲指定だ。

取得したキャプチャーはプレビュー画面で確認できる。そこでは虫眼鏡ツールを使って拡大表示も可能だ。また、保存先は各種形式(PNG/TIFF/JPEG/PDF/GIF/BMP/PICT)やiPhotoへ送る事もできる。

各種キャプチャソフトウェアを試しているが、今の所これが一番使いやすい。更に便利なものがあればご紹介いただきたい。

Screenshot Plus レビューはこちら

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2