ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Ougish サムネイル

手書きで一味加える

手書きの文字を毛筆的な文字に変換してくれるソフトウェアです。

手書きで一味加える

Ougish スクリーンショット

はっきり言って字が汚い。昔、習字を習わされていたにも関わらず、全く酷いものだ。字が綺麗な人を見ると羨ましく感じてしまう。

なのでのし袋等に名前を書いたりするのはとても苦手だ。かと言ってPCで印刷するのも何だ。手作り感のある、綺麗な文字を描けないだろうか。

今回紹介するフリーウェアはOugish、手書きから毛筆書体を生成してくれるソフトウェアだ。

使い方は簡単で、何となくマウスで描いて変換表示を押してみれば良い。何とも味のある、それっぽい描画をしてくれる。まさか自分の字がこのようになるとは、と驚いてしまう出来だ。

書体は数多く、行書/草書は基本として懐素、微宗など様々な形式が登録されている。また、崩しや太さ等の細かな指定も可能だ。

エクスポートはBMP/PNG/JPEG/SVGやSWFなど。これを使って文書を作れば、一味違う出来になる。

Ougish レビューはこちら

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2