ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GCJ

  • 2006/03/28

GCJ サムネイル

Javaからネイティブへ

Javaソースファイルやクラスファイルからネイティブコードを生成するAOT(Ahead Of Time)コンパイラです。

Javaからネイティブへ

GCJ スクリーンショット

Javaの良い所、それはOSの壁を越えて実行できる点がその一つに挙げられるが、メモリの消費量や、動作の重たさでレンタルサーバ等では利用できない事が多い。

現状ではまだ難しいかも知れないが、近い将来解決するかも知れない。Javaを中間コードを経由せず、ネイティブコードへ一気に飛躍させてしまおう。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはGCJ、JavaのAhead-of-Time(AOT)コンパイラだ。

GCJを使ってコンパイルすると、通常の実行ファイルと同様の操作で処理を実行する事が出来る。Javaのライブラリを含むのでサイズが大きくなりがちだが、ただただ凄いと思える。

興味深いのはFedora CoreのTomcat/Eclipseと言った実績あるソフトウェアもGCJで実行されている点だ。それだけサポート範囲が広がってきていると言う事だろう。

速度面での向上が期待できるのだが、メモリを考えるとまだ難しい面もあるようだ。だが、今後への期待は非常に大きいソフトウェアだ。

GCJ レビューはこちら

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2