ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Terminal ScreenSaver サムネイル

ターミナル上のスクリーンセーバ

色とりどりのスクリーンセーバ。ターミナルにだって欲しい!そんな時にはこちらを使おう。

ターミナル上のスクリーンセーバ

Terminal ScreenSaver スクリーンショット

時々、ふと他の人のPCを見ると、綺麗なものや面白い物語風のスクリーンセーバを見かけたりする。私はと言えばデフォルトのままなので、Windowsのロゴが動くものだ。

小さな所に凝る事は、愛着を持たせ、大事に扱うようになる。それは遠く離れたサーバに対しても同じだ。サーバだって放置されている時は欲しいはずだ。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはTerminal ScreenSaver、ターミナル上で動作するスクリーンセーバーだ。

インストールは簡単。makeして、アスキーアートが入ったディレクトリを各人のホームに移動すればいい。後は起動すればアスキーアートが動くスクリーンセーバが出来上がる。

様々なスクリーンセーバが用意されており、-rオプションでランダム表示される。ロードアベレージの表示オプションもあって、いざ(?)と言う時にも役立つだろう。

問題があるとすれば、放置時間にする方法が分からないという事だ(設定があるのだろうか)。見ているだけで楽しいので、良いと言えば良いのだが…。

Terminal ScreenSaver レビューはこちら

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2