ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

QEMU-Puppy

  • 2006/03/10

QEMU-Puppy サムネイル

OSと一緒にどこまでも

USBメモリで何を持ち歩こう。データ?アプリケーション?いやいや、いっそのことOSごと持ち歩いてしまおう。

OSと一緒にどこまでも

QEMU-Puppy スクリーンショット

USBメモリが大きくなるにつれ、どこでもオフィス的な環境が整いつつある。幾ら小型化されてもノートPCとは比較にならない程小さいUSBメモリは大変便利だ。

そんな中、遂にここまできたと言うソフトウェアが登場だ。アプリケーションレベルではない、OSごと持ち歩いてしまおうと言うダイナミックな発想だ。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはQEMU-Puppy、USBメモリに入れて持ち歩くOSだ。

総容量200MB超、256MBのUSBメモリで十分入れられる。QEMUを利用しているので、既に起動しているOS上で動作させる形になる。

内包しているアプリケーションは、Officeスイート(Gnumeric/AbiWord)やメーラー、ブラウザ等。Linux OSとあって、コマンド操作を組み合わせれば十分使い物になる。

こう言った技術をうまく組み合わせれば、シンクライアント以外の選択肢になりえそうだ。

QEMU-Puppy レビューはこちら

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2