ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

LightVM サムネイル

手軽にバージョン管理

手軽に始められる簡易バージョン管理システムです。

手軽にバージョン管理

LightVM スクリーンショット

人生は間違いの連続だ。成功の裏にはミスが息を潜めて待ち構えている。勿論、そんな事を恐れていては何もできない訳で、それでも進むしかない。しかしせめて限られた場所だけでも巻き戻せる環境が欲しいと思ってしまう。

開発の環境下ではCVSやSubversionと言ったツールが利用されている。もはや複数人(いや、単数であっても)での開発では欠かす事ができない。しかしこの環境を皆に用意してもらうのは難しい面もある。手軽に利用できるバージョン管理が必要だ。

本日紹介するフリーウェアはLightVM、直ぐに始められる手軽なバージョン管理システムだ。

LightVMはWindowsベースで動作する。インストール後、直ぐに利用することが可能だ。LightVM自身がファイルベースのデータベースを構築するので、そこにファイルを登録していくと言う方法だ。例えば一日の作業が完了したら、まとめてドラッグアンドドロップするような運用フローになる。

LightVMの利点として、独自のファイル管理システムになっている事が挙げられる。本来の管理法ではないディレクトリ構成でファイルをまとめておく事もできる。LVMファイルと言う単一ファイルをバックアップすれば問題ない。

Windowsファイルシステムではないとあって、他のシステムとの連携は取り辛い欠点はあるが、検索機能は細かく指定できる。自分独自のバージョン管理、便利に使えるのではないだろうか。

LightVM レビューはこちら

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2