ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Directory Synchronizeレビュー

ダウンロード後、解凍する

まず、Directory Synchronizeをダウンロードします。解凍すると画面1のようなファイル構成になっています。Javaが関連付いている場合はdirsync.jarをダブルクリックするだけです。

Directory Synchronize ファイル構成

(クリックすると拡大します)

起動後の画面

起動直後はこのような画面が表示されます。尚、バージョンは0.9RC1です。ログファイルのパスを設定し、Directoriesタブをクリックします。

起動後の画面

(クリックすると拡大します)

同期処理の設定

Directoriesタブの中で、同期処理の設定を行います。設定はフォルダ単位で行いますが、複数追加する事ができます。Source directoryが同期元、Destination directoryが同期先になります。Optionsタブの中で、詳細な設定を行う事ができます。

同期処理の設定画面

(クリックすると拡大します)

同期処理実行

設定が完了したら、三角ボタンを押して同期処理を実行します。画面は処理中のものになります。

同期処理実行画面

(クリックすると拡大します)

二度目以後の処理

二度目以後は差分だけバックアップが取られます。設定で、削除したファイルに対して、同期先も削除するかどうか選択できます。

二度目以後の処理画面

(クリックすると拡大します)

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2