ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Cabos

  • 2005/10/04

Cabos サムネイル

新たな利用法を見つける

Gnutella用のP2Pソフトウェアです。

新たな利用法を見つける

Cabos ロゴ

人と何かをシェアすると言う考えは、とても良い事だ。お互い、自分の持つ情報を交換し合い、互いがハッピーになる。しかしインターネット上では得てして悪い方にばかりそれが利用される。

P2Pはそれが顕著な例だが、P2P全てが悪な訳ではない。一極集中型のサーバ負荷を軽減すると言った利用法も見られる。勿論、悪用は犯罪に繋がる恐れがあるのでご注意いただきたい。

本日紹介するオープンソース・ソフトウェアはCabos、Gnutella用のP2Pソフトウェアだ。

Gnutellaは曰くつきのソフトウェアで、2000年03月にAOL上に突然アップされ、直ぐに削除された。現在のGnutellaはその時にダウンロードされたものが再構成されて残り続けている。

Cabosの売りはiTunesとの統合機能だ。ファイルのダウンロードをすると、それがiTunesに登録されるように出来る。また、ファイアフォール越し、プロキシ経由での転送、ファイル検索といった機能がある。

一時期、物凄い速さで広まったファイル共有も下火になりつつある(?)。P2Pによるグループウェアや新月と言った新しい取り組みも始まっている。ファイル共有自体も便利な活用方法があるはずだ。

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2