ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

iOS開発では多くの制約があります。それによってセキュリティが担保されていると言えますが、ちょっとしたことであってもコードや設定を変更してビルドし直さないといけないということが多々あります。

今回はその一部、すでにできあがっているアプリのプロビジョニングを差し替えたりできるiReSignを紹介します。

iReSignの使い方

使っているところです。IDを変えることもできます。

iReSignではipaファイルを指定し、モバイルプロビジョニングやentitlements.plistの指定を行います。そして別なアカウントで署名を行えます。主な利用目的はエンタープライズ向けとのことです。企業で使う中で不便に感じている点が解決するのではないでしょうか。

iReSignはMac OSX用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

maciekish/iReSign: iReSign allows iDevice app bundles (.ipa) files to be signed or resigned with a digital certificate from Apple for distribution. This tool is aimed at enterprises users, for enterprise deployment, when the person signing the app is different than the person(s) developing it.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2