ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

CinqはiPhoneとWindows/Mac OSX用のフリーウェア。iPhoneで最大の欠点とも言えるのがUSBケーブルを使わないと同期できないという問題だ。iPodはまだ良いとして、無線LANまであるiPhone/iPod Touch/iPadでさえ有線同期なのはストレスだ。


Screen-shot 523.png

母艦側

JailBreakすれば無線LANで同期することも可能なのだが、リスクがあるのも確かだ。ごく一部(今回は写真だが)の同期さえされれば良いのであればCinqを使えば非JailBreak環境でもネットワーク経由の同期が可能になる。

CinqはiPhone向けのフリーウェアだ。利用するにはCinqのアカウントが必須だ。そして登録後、WindowsまたはMac OSX用のサーバソフトウェアをダウンロードする。そして母艦でサーバを立ち上げたらiPhoneでCinqを立ち上げる。これで準備は完了だ。


IMG_0001.JPG

iPhoneアプリ

母艦では任意のフォルダまたはiPhotoのフォルダを同期元に設定できる。そしてiPhoneでは母艦の写真を閲覧したりiPhone内に保存できる他、撮影した写真を母艦に自動転送することもできる。母艦ではiPhotoのフォルダに自動保存される。その際にCinqのサーバにも送信されつつ、母艦と同期されているようだ。それ以外にもFacebookに送信したりもできるので、写真を共有するのに便利に使えることだろう。


Screen-shot 524.png

設定画面

MOONGIFTはこう見る

iPhoneオリジナルの写真フォルダと同期する訳ではないのが若干面倒かも知れない(サードパーティー製なので致し方ないが)。だが一度設定してしまえば後は普通に写真アプリとして使っているだけでデータは自動的に送られるようになる。

Dropboxなどにも言えるが、この自動という所がキーだ。ユーザに選択権を与えるのは大事だが手間をかけさせるのはよくない。シンプルに目的だけを達成できるサービスこそがユーザの望むサービスなのだ。

Sync iPhone photos wirelessly with Cinq

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2