ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Webベースのシステム開発でMySQL管理を行うとすればphpMyAdminが選択されることだろう。確かに優秀なWebアプリケーションだ。だがちょっと待って欲しい。時代は常に変わっている、時には新しいものに触れてみるのも良いのではないだろうか。


Picture 317.png

Rails製のデータベース管理システム

 

Ruby on Railsの開発者であれば、データベースももちろんRailsで管理しよう。使うのはrbDBだ。

今回紹介するフリーウェアはrbDB、Ruby on Rails製のデータベース管理システムだ。ソースコードは公開されているが、ライセンスは明記されていなかったのでご注意いただきたい。

rbDBは既存のアプリケーションの中に組み込むという訳ではなく、MySQL全体の管理を行うWebアプリケーションだ。とは言え、最適化等ができる訳ではなく、データベースの作成やテーブルの作成、データのメンテナンス等が主な役割になる。


Picture 321.png

データ閲覧、修正

 

Railsらしさと言えるのは、モデル内に定義したリレーションを解釈してデータを表示してくれる点だ。has_manyの場合は、そのデータに紐づいた別なデータを一覧にしてくれたり、belongs_toの場合は行の中に別なモデルの値が表示されたりする。これによりデータの視認性が相当アップする。また、常に右下に最近見たテーブルが一覧表示され、すぐにアクセスできるのも便利だ。

テーブルは右上のボックスでインクリメンタル検索ができる。大量のテーブルを扱っている場合は便利だ。データの並び替え機能や、検索、レポート(データの増減や値のシェアをグラフ化してくれる)など便利な機能も数多い。

なお、rbDBは48時間以内でRailsアプリケーションを開発するというRails rumble 2008への応募作品となっている。その頃に比べると多少の改善はされているだろうか、このようなアプリケーションを48時間で組み上げてしまうRailsのポテンシャルは非常に高いと言えそうだ。


Picture 322.png

レポート

 

redox's rbdb at master — GitHub

 http://github.com/redox/rbdb/tree/master

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2