ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Ruby Development Environment サムネイル

Ruby開発のお供

Ruby向けの統合開発環境です。入力補完、デバッグ機能などRubyでの開発では手放せません。

Ruby開発のお供

Ruby Development Environment スクリーンショット

Rubyは非常に便利で面白い言語だ。Ruby on Railsもあって注目度が急上昇しているが、もっと流行って欲しい。そのために必要になるのは統合開発環境の存在だろう。

スクリプト言語ではあまり用意されていない統合開発環境だが、Rubyの場合はこれがある。

今回紹介するオープンソース・ソフトウェアはRuby Development Environment(以下RDE)、Rubyのための統合開発環境だ。

RDEではRubyを効率よく開発できる機能が多数提供されている。RDE上でファイルを編集、実行したり、デバッグもできる。マクロ機能で自動操作もできる。

入力補完や正規表現を使った検索、置換機能なども便利だ。RDEを使えばコマンドプロンプトを使わないので、実行がCUIと言うスクリプト言語のデメリットを感じさせなくなる。

Ruby on Railsの場合は、RadRailsがある。それ以外の開発であればRDEを使わない手はないだろう。

Ruby Development Environment レビューはこちら

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2