ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

バーコードフォント サムネイル

ヒューマンエラーを無くせ!

フリーのバーコードフォントです。

ヒューマンエラーを無くせ!

バーコードフォント スクリーンショット

ピッと鳴ったら次、ピッと鳴ったら次。バーコードの入力は倉庫作業や入出荷作業に欠かすことはできない。POSシステムのみならず便利に扱うことが出来る。

ご存知の方にとっては当たり前過ぎる事だが、バーコードのシステムは決して難しいものではない。バーコードを読み取るリーダーはバーコードを解析して、英数字を自動入力しているだけだ。後はバーコードさえ出力できれば問題ない。

本日紹介するフリーソフトウェアはバーコードフォント、Windows用TTFフォントのご紹介だ。

私が扱った事があるのは、CODE39だけなのだが、他にもCODE128、NW-7が利用できる。単純に言えば、このフォントで書くだけでバーコードリーダーで読み取る事が出来る。

フォントの指定さえ出来れば、AccessであろうがExcel、Word等でもバーコード出力の機能が簡単に付与できる事が分かるだろう。納品書、検査表、部品表…様々なシステムで実装できる。

ヒューマンエラーはシステムを人が扱う限り、常に発生する問題だ。同じような数値をただ入力する場合には特に発生しやすい。バーコードを導入すれば格段に減らせる可能性がある。

さて、これはWindowsの場合だ。LinuxやWebシステムの場合はいかにしたものか。TTFフォントを取り込んでも良いが、もっと手軽な方法が良い方はBarcodeを参照あれ。

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2